本文へスキップ

東北住建 株式会社は、住宅やビルの建築材料や施工を販売する会社です。

TEL. 019-638-4111

〒020-8678 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南3-3-1

新着情報What's New

■ 2017年「年頭所感」 東北住建 株式会社 社長 及川 秀貴


 2017年の年頭にあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。
皆様におかれましては、輝かしい新年を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。また旧年中は皆様より格別のご支援、ご協力を賜わりましたこと、深く感謝いたしますとともに心より御礼申し上げます。

 昨年は、国内の天災被害、イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙など、自然、経済、政治と予想だにしない出来事の連続でした。住宅業界では、消費税引き上げの再延期による駆け込み需要の減少、建築費の高止まりなどで分譲マンションは着工減でしたが、貸し家の相続税の節税対策による着工増が継続し、全体では2年連続のプラス成長で推移しました。

 人口減少・少子高齢化・生産年齢人口の減少が進む中、世帯数も2019年をピークに減少へ向かいます。2019年10月に予定されている消費税増税に伴う駆け込み需要、2020年の東京オリンピック開催に伴うインフラ投資需要はあくまで一時的なものであり、2020年以降の消費マーケットは縮小に向かいます。

 それに対し、人口・世帯数減少に伴って発生すると思われる社会的課題への解決や、生産年齢人口の減少から生じる施工力・物流力不足、生産性低下への解決、さらにはより専門性を求められる分野への対応など、弊社では、社是の「解決提供」の元に役員、社員一同知恵を絞り、皆様が抱える問題へ「解決」を「提供」致します。

 また、ご既承の通り、昨年11月に「パリ協定」が発効されました。パリ協定は低炭素ではなく脱炭素社会の実現を目指し、炭素を出さない新たな経済社会システムの実現を定めた条約です。我々も生活や事業活動で排出ゼロに向けた知恵がこれまで以上に求められます。

 弊社では、日頃より「建物の温熱性能の向上」に特化したご提案をさせて頂いております。今後も必要な情報・商材を国内外問わず集めて、皆様にお応え致します。

 末筆になりますが、本年は”丁酉(ひのととり)”。酉は「取り込む」に繋がると言われ、商売繁盛に繋がる縁起の良い年とされます。本年が、皆様方にとって飛躍の善き1年となることを祈念し、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

バナースペース

東北住建 株式会社

〒020-8678
岩手県紫波郡矢巾町流通センター南3-3-1

TEL 019-638-4111
FAX 019-637-0374